マニフェスト


すべての人に、自由で自分らしい人生を生きてほしい。
すべての人が安心して暮らせる生活を守りたい。

私達には、子供達のために、社会がもたらす負担や苦痛を軽減し、もっと合理的で、未来に希望を持てるような環境を用意する義務があります。そのような越谷を実現するために、以下のことを行ないます。

1)行政改革と議会改革

民間企業でお客様の満足度向上を職務としてきた私から見ますと、現在の市役所と市議会は多くの面で民間では当たり前の結果責任と説Four people have a meeting明責任の徹底がなされていません。派閥闘争よりも問題解決を優先する、しがらみ のない実務家としての能力と意志を持った政治家として改革に取り組みます。

まずは私自身がSNSアカウントを開設し、質問やご意見には必ず答え、市政と市民の架け橋になります(寺島よしとのtwitterfacebookfacebookページ

2)子育て支援

子育て支 援は市の未来に直結する課題です。また、女性が重い育児負担を強いられているという、不平等をこれ以上放置してはなりません。 働くお母様方がキャリアを中断せずに済むよう、 託児所などのインフラ整備と同時並行で、先進自治体 やNPOの活動を参考に、以下の施策を行ないます。

スクリーンショット 2014-08-01 16.16.01

3)高齢者とその家族の支援

高齢者は現役世 代の目に映る自分の未来です。
現役を退かれ生活環境が変化することで、行き場の無さや孤独死への恐怖に日々さいなまれている高齢者の方が越谷にはたくさんおられます。全国で試みられている財政に負担をかけない様々なアイディアを取り入れ、誰もが無理をすることなく高齢者が住んできた地域で安心して老後を過ごせる環境 を整えます。

スクリーンショット 2014-08-02 1.50.45

 

4)安全対策

越谷市の犯罪件数は最低だったころに比べて約四倍に増えておりますが、誰もが犯罪に怯え、伸び伸びと子供を外で遊ばせることができず、街から子どもたちの歓声が消えていくことほど寂しいことはありません。私は全ての市民が安心して外出できる街をつくるために防犯に力をいれ、以下の、他の自治体で効果を挙げている方法を積極的に導入します。

スクリーンショット 2014-08-01 16.15.55

 

5)貧困家庭の救済と教育の支援

己を知り社会に参加する術を学ぶ「教育」は行政が保障すべき最も基本的な権利です。しかし現状では、その6割が貧困状態にあると言われておりかつ越谷に2000世帯以上存在する一人親家庭について実態調査が行なわれていません。

教室で勉強する小学生また、彼らと最前線で接している学校教員は部活動や雑務で手一杯の状態であり、既存の学校からドロップアウトしてしまった子供達や社会人のための生涯学習の機会も整備されていません。 これらはいずれもあってはならないことであり、あらゆる知恵とリソースを結集して解決しなければなりません。

子供を抱えた貧困家庭のために、塾に行かなくとも学べる環境の提供や、健康と栄養面での支援、生活保護などの手段を含め、全面的にサポートします

学校教員の負担軽減を行ないます。

生涯学習に取り組むNPOや団体を支援します

6)他、私がやりたいと考えていること

私は、上記の政策以外にも、市の活性化や人道的な問題意識からやりたいと考えていることがあります。