これからの公共事業のあり方について

一般的に、公共事業といいますのはピラミッド建設の時代から官による「計画」的な「供給」(=箱物、労働による分配、需要喚起)として行なわれてき ましたが、まちづくりの研究者でありまた数々の地域振興プロジェクトに携わってこられた木下斉氏は、これからの人口縮小時代においてはむしろ実情に合わせ た漸進的な「需要」ベースの事業に切り替えるべきであると主張されています。

http://toyokeizai.net/articles/-/64736

まず、物事を「計画」に沿って行なうというやり方には、
1)計画段階が一番情報が少なく工程が進むにつれ情報が増えて行く
2)現状を踏まえた理性的な判断よりも計画当初の青写真や「建前」に縛られるようになる
という根本的な問題があります。加えて、公共事業という民主的に行なわなければならない事業の場合は様々な関係者や住民の合意をとらなければなりません が、「皆の意見」というのは原理的に「総論賛成、各論反対」になりますので、優先順位をつけてある部分を削るということができず、結果的に直近の皆の利益 になる「あれもこれも」なものになってしまいます。

そして、「計画」というものが持つそれらの欠陥を踏まえた上で、木下氏は産学連携で構想を建てつつも事業は民間主導で行い成果をあげている「北九州小倉家守(やもり)構想」を挙げ、これからの地域振興は
1)責任の所在を明確化した上で
2)成功時と失敗時の扱いを事前に取り決め、
3)担当者が責任を負いきれる範囲の小さい規模から
4)「需要」にあわせて伸びしろを調整しながら柔軟に行なう
というレジームを提唱されております。

http://yoshito-terashima.com/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E…/

私は以前、道の駅事業についての感想を書かせて頂きましたが、民と官に関わらず事業というものの最も重要な原則は「リスク」と「経営権」と「責任」が一致していることです。
それは木下氏の議論とも通底していますし、また、その原則に則って事業を行なうのであれば氏が掲げたようなメソッドに従って行なうことになると思います。

道の駅事業の惨状と経営倫理について(2015年01月23日)

通常、健全な私企業の経営では「リスク」と「決定権」と「責任」の主体が一致しています。そして、産業政策や公共事業に関わる失敗のほとんどはこの原則からの逸脱から起こっています。

http://toyokeizai.net/articles/-/58373
それは、第三セクターや自動車業界再編計画などの官僚主導の事業の多くが失敗してきたことや、オーナー株主でなくリスクを負っていない社長の下で無責任な拡大方針に走り経営破綻したそごうのケースなどから明らかであり、要するに税金を使った事業はこの原則が守られていないということです。

そして、この記事で指摘されている道の駅事業は、初期投資のリスクを負わなくてよく、その代わりに経営に対して地産地消などのノルマが課せられるなど、原則から大きくハズレています。
発生する赤字は、税金から払い続けることになるわけですので、我々市民にとって非常に重要な問題です。

筆者が民からの地域振興の成功例として提示している岩手県紫波町のオガールの紫波マルシェが、銀行から資金を借りてリスクを負うかわりに完全な経営権を手にし、無理のない初期投資と柔軟な運営で黒字を出していることからも、この原則がいかに重要であるかは明らかです。

バイオマス燃料の現状について(2014年12月21日)

ここ2-3ヶ月原油価格が下落していているとはいえ、化石燃料にかわる代替燃料の切り替えが国家的な課題であることは間違いありません。

「バイオマス燃料」は自然にある植物を加工する再生可能エネルギーとして期待されてきましたが、現状では政府が行なってきた事業は失敗続きでありあまり上手く行っていないようです。
森林政策学を専攻されている筆者は、その原因をバイオマス燃料の特性への無理解であるとしたうえで、活用が上手く行っているEU諸国の例をひきつつ解決策を提示しています。
http://synodos.jp/society/7836
1.日本におけるバイオマス
・バイオマス燃料とは主に使われない木材などの自然由来の素材や廃材を加工して燃料にしたもの。持続性と環境負荷の低さから今までの化石燃料にかわるものとして注目されていた。
・日本は「森林飽和」といわれるほど膨大かつ使われていないスギやヒノキを抱えている。その利用率も1%で、ポテンシャルはある。
・しかし、総務省が行なった調査では214事業中効果が確認されたのは35事業にすぎない。ほぼ失敗している。

2.バイオマス燃料の特性
・発電効率は悪く(20%程度)、工業や運輸などの高温&高効率の熱を用いる分野では化石燃料にかなわない。
・資源のポテンシャルの80%が無駄になってしまうバイオマス発電は本当にエコであるといえるのか?
・EUではかつて食料生産との競合が発生した。

3.ソリューション
・重要なのはバイオマス燃料を燃やすことで発生する熱それ自体
・家庭用の暖房や給油、煮炊きなどに用いられる低温(100度以下)は置き換えることができる。日本の家庭部門のエネルギー消費量の50%は「熱」として使われるので、それを順次オイルヒーターなどから置き換えていくことには大きな意味がある。
・普及されるべきは発電機ではなくコンパクトで安価なボイラー(すでに熱単位の価格はバイオマスボイラーの方が安い)
・日本のバイオマスボイラーはEUの5~10倍の値段で全く市場化がなされていない。原因は補助金漬けで価格見積もりが甘いことと、現地調査から予算取りまでメーカーが丸抱えでやってしまう契約形態なのでボイラー価格がつり上げられる状態にあること。

空き家問題について(2014年08月25日)

現在、空き家が増え続けており、行政で対応が必要な課題となっています。
空き家は放っておくと犯罪や害獣の発生の温床になったり、倒壊の危険があるばかりでなく、景観も悪く、なにより街の活気を損ないます。
http://synodos.jp/newbook/10388

越谷市の空き家率は、NPO団体が20年に行なった調査では10%ほど(14240戸)であると言われています。

http://www.koshi-machi.com/?page_id=1078

近年はどこの市も空き家条例を発布していますが、これは単に警告を発して住所氏名を公開するだけですのであまり効果がありません。
私は、これらの空き家を買い取り福祉に役立てられないかと考えているのですが、調べてみると他にも様々なオプションがあります。
今後も市民の皆様や関係者と話し合い、より有効な案を練っていきたいと思います。

http://yoshito-terashima.com/manifoesto/%E5%B8%82%E5%96%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85/

オプション①「代執行」:持ち主が改修をしない場合、市が強制的にそれを行います。ただし、財産権に抵触するおそれもあります。
オプション②「空き家バンク」:空き家をネット上に公開し、居住者を募ります。また居住者が何件も業者を回らなくていいよう施工業者をまとめ、リフォームにも補助金を出します。
秩父市の空き家バンク: http://www.chichibuakiyabank.com/common/bukken/search.php
オプション③「買い取り」:市またはNPOが借り上げ、社会的弱者の方々に優先的に回します。

妖怪ウォッチと地方の文化創成の可能性について(2014年08月20日)

https://www.facebook.com/1684716491/posts/10201757714419645

いま子どもたちに大人気の妖怪ウォッチ。このゲームを作ったのは福岡にある会社です。福岡にはこの会社の他に他にも人気ゲームを作った会社が多くあります。

http://thepage.jp/detail/20140817-00000001-wordleaf

福岡に優秀なゲーム会社が集積している理由を、私なりにまとめると、以下の点があげられるのではないかと思います。

・サロンや同業者の集まりがあること
・若い人が多いこと
・労働環境が良く、消耗しないこと(自宅から近い、など)

応援団の高野さんとよく街の「文化」について話あうのですが、「施設を作るであるとか、文学賞を設立するとか、そういう人工的なやりかたでクリエイティビティを生み出すのは難しい。やはり、ストレスのない環境を作りあげ、そこからクリエイティブな人が輩出されることを待つことではないか」という結論に落ち着きます。

越谷市の隣のさいたま市に本社を置く「大宮ソフト」もヒットゲームを多く生み出している会社です。

http://matome.naver.jp/odai/2138329377792583801