香港のデモについて(2014年10月01日)


かつて、日系米国人の哲学者フランシス・フクヤマはソ連の崩壊をして民主主義の勝利を宣言し、米国や日本の西側の民主主義諸国家を「歴史が終わった世界」、中国やイスラム諸国を「歴史がまだ終わっていない世界」に分類しました。
しかし、民主的な国際都市であり、かつ一党独裁の中国との最前線に立つ香港の様子はより複雑なようです。

記事によると、デモに積極的に参加する若者世代に比べ、中国の経済成長の恩恵を受け、投資や不動産で財産を築いた上の世代は彼らの行動に懐疑的です。それは先日のスコットランド独立投票とも通底しているように思えます。

市議候補の私は、民主主義は現代社会では最重要な価値観で、普遍的なものであると考えています。
ただ、権利を勝ち取るまでのあいだには、民主主義を声高に訴えるだけではなく「何をカードに相手に要求を突きつけるか」「人々の生活をいかに守るか」といった問題を地道に解決していく実務家も必要であり、何よりそれが求められている時代であると思います。

私は理念を叫ぶだけでなく、党派やイデオロギーに囚われず地元の問題を地道に解決する人間でありたいと思います。

そして願わくば、今回の香港の行動が失敗したとしても若者達が絶望せず、経済活動や海外とのやりとりを通して「実力」と「カード」を蓄積して次のチャンスに備えてくれたらと思います。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB11426559292233444529604580182821034295984


2014年10月01日
かつて、日系米国人の哲学者フランシス・フクヤマはソ連の崩壊をして民主主義の勝利を宣言し、米国や日本の西側の民主主義諸国家を「歴史が終わった世界」、中国やイスラム諸国を「歴史がまだ終わっていない世界」に分類しました。
しかし、民主的な国際都市であり、かつ一党独裁の中国との最前線に立つ香港の様子はより複雑なようです。

記事によると、デモに積極的に参加する若者世代に比べ、中国の経済成長の恩恵を受け、投資や不動産で財産を築いた上の世代は彼らの行動に懐疑的です。それは先日のスコットランド独立投票とも通底しているように思えます。

市議候補の私は、民主主義は現代社会では最重要な価値観で、普遍的なものであると考えています。
ただ、権利を勝ち取るまでのあいだには、民主主義を声高に訴えるだけではなく「何をカードに相手に要求を突きつけるか」「人々の生活をいかに守るか」といった問題を地道に解決していく実務家も必要であり、何よりそれが求められている時代であると思います。

私は理念を叫ぶだけでなく、党派やイデオロギーに囚われず地元の問題を地道に解決する人間でありたいと思います。

そして願わくば、今回の香港の行動が失敗したとしても若者達が絶望せず、経済活動や海外とのやりとりを通して「実力」と「カード」を蓄積して次のチャンスに備えてくれたらと思います。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB11426559292233444529604580182821034295984

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です