薬物依存とSMARPP活動について(2015年01月29日)


元来、薬物依存者に必要なのは「罰」ではなく「治療」なのではないかということはたびたび指摘されてきましたが、この記事の執筆者である精神科医の松本氏も同様の見解を述べられた上で、釈放後も継続的に治療が行なえるような仕組みづくりを提案されています。

http://synodos.jp/welfare/12157

薬物依存の治療はお金のように貯めることができないため継続して通い続ける必要があり、かつ参加率を上げるためには出来るだけ各地域でそれを受けられるような環境を整える必要があるわけですが、現在は薬物依存専門の医師が少ないためにほとんどそれが行なわれていません。

それに対し松本氏が行なっておられるSMARPP(せりがや覚せい剤依存再発防止プログラム)活動では、医師資格がなくともアメリカの同様の治療メソッドと認知行動療法に基づいたマニュアルで研修を受ければ職員になることができ、依存症患者への定期的な連絡や来訪しやすい雰囲気づくりの面でも工夫がこらされ、かつ実際に継続率や他の自助プログラムへの参加の面で高い成績をあげておられるとのことです。

現在、このSMARPPをベースにしたプログラムは全国70カ所で準備中もしくは展開済みであり、また、少年院などの未成年の薬物依存患者にも2012年から試験的に実施されています。

また、なぜ犯罪者のためにそこまでコストを払わなければならないのか、という意見はあるかとは思いますが、私は、例えばある若い常習者が初犯の薬物依存から抜け出せずに人生を丸ごと駄目にしてしまうことにかかるコスト(=機会損失、治安コスト、収監費用など)や、脱法ドラッグや精神安定剤などの法的に取り締まりが難しい薬物への依存が近年増加していることなどを考えると、こういった取り組みに対して投資を行なう価値(=便益)は十分にあると思います。

薬物依存から肉体的にも社会的にも自律を取り戻し、真に自由な人生を送り直せるようになるためのこういった施策が普及して行って欲しいなと思います。