渋谷区のホームレス排除に反対します(2014年12月31日)


先日、渋谷区が宮下公園と神宮通公園、美竹公園の3つの公園を封鎖しました。
これは、事実上ホームレスと彼らのために炊き出しを行なう支援団体を排除するためになされたものであり、実際に支援団体の方々も抗議を行なっています。
私も、越谷でホームレスの方々への声かけ運動に関わらせて頂いた経験から、この措置には反対です。

http://mainichi.jp/feature/news/20141226mog00m040041000c.html

また、今回の件で深刻なのは、この3つの公園のうち、神宮通公園と美竹公園が災害時の一時集合場所に指定されていることです。

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/anzen/bosai/hinan/basyo.html

つまり、年の瀬に災害が発生してもこの公園近隣の方は避難することができません。緊急時の住民のライフラインを犠牲にしてでもホームレスを排除しようという意図だとうけとれます。地域の公共をになう自治体が区の方針としてそういったことをするというのは、非常に危険です。

一部で支援団体の公園使用許可の提出が遅れていたことを批判する意見もありますが、これらの公園は防災や緊急避難の観点からそもそも開かれていないこと自体が異常なことです。

私は越谷の市政を志し、ホームレスの方々への呼びかけに参加するようになってから、「我々の社会においてホームレスとは何なのか」と考えるようになりました。

実際にホームレスの方々にお会いしてみると、彼らが自分の意志で労働を放棄した末にそうなったのではないというのはもちろん、そういう生き方がしたいからしている「自由人」でもないことがわかります。私が見た範囲では、以前は真面目に働いていたにも関わらず不運に見舞われてそれができなくなり、そのような状況に陥ってしまったという状況でした。
実際に話をしてみなくても、彼らが自分の望みでこの寒空の下でそうやって過ごさざるを得ない境遇を選択したのでないことは、多少想像力を働かせればわかるはずです。

しかし、現状では、先日書かせて頂いた生活保護受給者の方々と同様にホームレスの方々も無理解に晒され、時に凄惨な暴力の対象になっています。

・ホームレスの40%が襲撃を経験したことがある。
・襲撃者の割合は、大人が22%、子どもと若者が38%。他40%は夜間に襲われた等の理由で不明。
http://synodos.jp/society/10257

さらに、そういったホームレスへの憎悪と排除は日本に限った話ではなく、世界中の先進国で頻発しています。

・米国でホームレスへの炊き出しを行なった90歳のシェフが逮捕される
http://t.co/VUhGSI7ijL
・フランスのアングレーム市のベンチに設置されたホームレスよけの柵
http://www.euronews.com/2014/12/26/france-angouleme-council-takes-down-anti-homeless-cages-around-benches-after-/
・英国の「アンチ・ホームレス」鋲について
http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20140615-00036386/

世界に格差が広がったことで、弱いものがさらに弱いものをたたかざるを得ない世の中になってしまったのかもしれません。私達は同じ人間社会にすむ異なる立場の人達にもっと寛容であらねばなりません。

私は来年も、現場に赴いて市民の皆様の意見を伺い、社会的弱者に共感し助けていくこと、偏見や分断を解除するための発言することを続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です