私の子育てと「女の子」らしさについて


我が家では、2人の娘の子育てについて特に語れるようなことはやって来なかったのだが、一つだけ意識して使わなかった言葉がある。それは正しかったと今もおもっている。

その言葉は「女の子なんだからナニナニしなさい」あるいは「女の子なんだからナニナニしてはいけない」。ある意味では「世間の常識」を教えてこなかったのかもしれない。これから娘たちが「女なのにお茶もいれない」っていわれて当惑することがあるかもしれないが、そんなことは自分で乗り越えてうまくやっていってくれるはずだ。それよりも可能性を制限されない人生を送ることのほうがすばらしく価値がある。

http://www.huffingtonpost.jp/…/29/like-a-girl_n_5540800.html