妖怪ウォッチと地方の文化創成の可能性について(2014年08月20日)


https://www.facebook.com/1684716491/posts/10201757714419645

いま子どもたちに大人気の妖怪ウォッチ。このゲームを作ったのは福岡にある会社です。福岡にはこの会社の他に他にも人気ゲームを作った会社が多くあります。

http://thepage.jp/detail/20140817-00000001-wordleaf

福岡に優秀なゲーム会社が集積している理由を、私なりにまとめると、以下の点があげられるのではないかと思います。

・サロンや同業者の集まりがあること
・若い人が多いこと
・労働環境が良く、消耗しないこと(自宅から近い、など)

応援団の高野さんとよく街の「文化」について話あうのですが、「施設を作るであるとか、文学賞を設立するとか、そういう人工的なやりかたでクリエイティビティを生み出すのは難しい。やはり、ストレスのない環境を作りあげ、そこからクリエイティブな人が輩出されることを待つことではないか」という結論に落ち着きます。

越谷市の隣のさいたま市に本社を置く「大宮ソフト」もヒットゲームを多く生み出している会社です。

http://matome.naver.jp/odai/2138329377792583801

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です