これからの公共事業のあり方について


一般的に、公共事業といいますのはピラミッド建設の時代から官による「計画」的な「供給」(=箱物、労働による分配、需要喚起)として行なわれてき ましたが、まちづくりの研究者でありまた数々の地域振興プロジェクトに携わってこられた木下斉氏は、これからの人口縮小時代においてはむしろ実情に合わせ た漸進的な「需要」ベースの事業に切り替えるべきであると主張されています。

http://toyokeizai.net/articles/-/64736

まず、物事を「計画」に沿って行なうというやり方には、
1)計画段階が一番情報が少なく工程が進むにつれ情報が増えて行く
2)現状を踏まえた理性的な判断よりも計画当初の青写真や「建前」に縛られるようになる
という根本的な問題があります。加えて、公共事業という民主的に行なわなければならない事業の場合は様々な関係者や住民の合意をとらなければなりません が、「皆の意見」というのは原理的に「総論賛成、各論反対」になりますので、優先順位をつけてある部分を削るということができず、結果的に直近の皆の利益 になる「あれもこれも」なものになってしまいます。

そして、「計画」というものが持つそれらの欠陥を踏まえた上で、木下氏は産学連携で構想を建てつつも事業は民間主導で行い成果をあげている「北九州小倉家守(やもり)構想」を挙げ、これからの地域振興は
1)責任の所在を明確化した上で
2)成功時と失敗時の扱いを事前に取り決め、
3)担当者が責任を負いきれる範囲の小さい規模から
4)「需要」にあわせて伸びしろを調整しながら柔軟に行なう
というレジームを提唱されております。

http://yoshito-terashima.com/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E…/

私は以前、道の駅事業についての感想を書かせて頂きましたが、民と官に関わらず事業というものの最も重要な原則は「リスク」と「経営権」と「責任」が一致していることです。
それは木下氏の議論とも通底していますし、また、その原則に則って事業を行なうのであれば氏が掲げたようなメソッドに従って行なうことになると思います。